石川県金沢市にあるサッシ屋の「カワコー」です。サッシ・ガラスはもちろん、エクステリアからリフォームのご相談まで気軽にお問合せ下さい。
電話番号(フリーダイヤル):0120-020-271 平日 10:00~17:00/石川県金沢市小坂町南579番地 メールで問い合わせる

更新情報 2017年 6月

2017年6月にカワコーから提供させていただいた情報をお知らせいたします。

MADOショップ◆Tポイント3倍キャンペーン実施中

リフォームを検討なさる方にとって、耳寄り情報を案内させていただきます。
現在、MADOショップでは「Tポイント3倍キャンペーン」を実施しています。 MADOショップにて対象製品を採用し、工事をなさるとTポイントがもらえるわけですが、そちらのポイント設定が、今なら3倍となるわけです。
工事内容によっては、メリットが大きくなるキャンペーンですので、リフォームを検討の際は、ぜひともチェックしてみてください。 もちろん、弊社は「MADOショップ 東金沢小坂店」を運営しておりますので、ご利用いただけます。

キャンペーンの対象期間は、「2017年6月1日~2017年7月31日」となっています。
対象製品一覧も下記にて紹介させていただいておりますので、ご確認ください。

なお、このキャンペーンはMADOショップのキャンペーンとなり、その他の補助サービスとの併用も可能です。
先日、住宅ストック循環支援補助金事業の実質延長が発表されましたが、この住宅ストック補助金との併用も可能となります。
工事内容次第では、かなりお得にリフォームをすることができますので、具体的に検討なさる場合は、ぜひとも弊社担当スタッフにお聞きください。

MADOショップ◆Tポイント3倍キャンペーン実施中(7月まで)

  • MADOショップTポイントキャンペーン 対象YKKAPアイテム(その1)
  • MADOショップTポイントキャンペーン 対象YKKAPアイテム(その2)
MADOショップ◆Tポイント3倍キャンペーン実施中(2017/06/01~07/31)
MADOショップ限定「Tポイント3倍」キャンペーン実施中(2017/06/01~07/31)
MADOショップTpointo キャンペーン:対象YKK AP製品(その1)
MADOショップTpointo キャンペーン:対象YKK AP製品(その1)
MADOショップTpointo キャンペーン:対象YKK AP製品(その2)
MADOショップTpointo キャンペーン:対象YKK AP製品(その2)
Web担当より(2017.06.08)

ページの先頭に戻る

住宅ストック◆交付申請期間の延長決定

住宅ストック◆交付申請期間の変更

住宅ストック循環事支援補助金制度」において、事業スケジュールの変更が発表(H29/06/02)されましたので、弊社のホームページからもお伝えさせていただきます。

当初の予定では、第一次申請にあたる「交付申請」は6月いっぱいで受付を終了し、それ以降の新規案件の受付は不可能となっておりました。 つまり、制度を利用するには、今月中に交付申請手続き(郵送も含めて)を終わらせる必要がありました。

そのスケジュールを今回見直したわけです。期間は、2か月ちょい伸ばして、「9/7」までとなります。 そして交付申請書の郵送期間は、「08/01~09/07」となります。こちらが今回新たに設けられた第三回目の交付申請受理期間となります。

二次申請にあたる「完了報告」のスケジュール等は今のところ変更はないので、今年いっぱいで、完了報告受理期間(第三回:11/01~12/31)が終了するという予定に影響はありません。

延長理由に関しては、憶測でしかありませんが、予算消費率のなだらかな推移だと思われます。6月初旬現在、予算枠250億円のうち、約90億円の消費となっており、37%弱の消費率です。 これらのデータをもとに、交付申請期間の延長を決断されたのだと思います。

リフォームを検討される人には、メリットのある処置だと思いますので、まだ住宅ストックを利用されていない方で、住まいのリフォームを検討される方は、ぜひともこの機会をご利用くださいませ。

住宅ストック◆交付申請期間の変更
住宅ストック◆交付申請期間の変更…第3回目の交付申請受付期間が新たに設けられ、9/7まで延長されました。
Web担当より(2017.06.08)

ページの先頭に戻る

住宅ストック補助金事業は今月いっぱいです
(→延長しました…汗)

住宅ストック◆押さえておきたい7つのポイント

リフォームの際につかえる制度として現在「住宅ストック循環事支援補助金制度」があります。制度的には今年いっぱいまで事業が続きますが、新規受付は今月6月いっぱいで受付完了されます。
リフォームを検討の際は、条件やポイントは以下で確認してもらい、賢くリフォームされることをお勧めいたします。

なお、旧制度(住宅エコポイント制度)と比べると、かなり敷居が高いものとなっております。制度利用の際は、条件をカバーしているのか十分に担当スタッフとご確認のうえ、案件を進めてください。

まずは簡単ですが、住宅ストック循環支援事業のポイントを7つにまとめましたので、紹介させていただきたいと思います。

住宅ストック【Point01】耐震性を有する住宅か?

その一、耐震性を有する住宅か?
~S58.4以降に新築されたものか?~

・新耐震基準を満たし、それを証明することが必要となります。 満たさない場合は、耐震改修を行う必要があるわけです。これにより、補助金は15万加算されます。ただし、耐震工事は工事費が跳ね上がるのも事実です……汗

・耐震証明をするのは、法務局発行の「不動産登記(現在/全部事項証明書)」この登記の新築日付が「S58/4/1以降」であることが条件です。

・厳密にいえば、新耐震基準が定まった「S56/6/1以降」で可能です。ただしその場合は自治体発行の「確認済証」を追加提出することが必要となります。

住宅ストック【Point02】工事内容は条件を満たしているか?

その二、工事内容は条件を満たしてる?
~補助金5万円の壁~

・3種の「必須工事」と、補助金加算対象の「任意工事」があります。
・必須工事で補助金額5万円を満たすことが条件です。
・「設備エコ改修」の組み合わせも気を付けましょう(設置台数ではなく、設備の種類でカウント)。

例えば、自宅の1階と2階のトイレをリフォームすることをイメージします。トイレには小窓があり、そこに内窓もつけて、便器は節水型トイレに取り換えると想定します。
この工事内容でもらえる補助金は単純に帰ると、1階と2階の内窓設置(8000*2)とトイレの交換(24000*2)で補助金額は6.4万円もらえることになります。5万円の壁を越えているので、OKと思いがちです。
しかし、この工事内容では補助金が降りてこないのが実際です。
なぜかというと、カウントの仕方が間違っているからです。内窓分はOKですが、節水型のトイレは2つとカウントすることができないのです。2台設置していますが、1種類とカウントされ、2.4万円分の補助金額しか得られないのです。 こうなると計算式は「8000*2+24000=40000」となり、5万円の壁を越えられなくなってしまいました。
ちなみに、設備エコ改修のみで制度利用を図る場合も、気を付けることがあります。ここには「3種類以上を採用すること」という別の壁があるわけです。

住宅ストック【Point03】依頼する業者は登録を済ませているか?

その三、依頼する業者は登録を済ませてる?
申請手続きは登録済み業者のみができる~

・制度の手続きはすべて「登録事業者」に委託する必要があります
・事業者登録の期限はすでに3月いっぱいで終わっているので、工事委託業者が事業者登録を済ませているかが重要です
・なお、請負契約日も事業者登録日以降でないとダメです!
・ちなみに、施主様がやらなければいけないことといえば、証明書類の準備(法務局で不動産登記のコピー、市役所で住民票のコピー)と契約書&同意書類へのサイン&押印となります。

住宅ストック【Point04】予算有限、親戚期日あり、あぶれるケースも

の四、予算有限、申請期日あり、あぶれるケースも…
~250億の予算、12/31で完全終了~

・予算は、事務費も含めて250億円です。なくなれば、その時点で打ち切りとなるでしょう。
・申請期日は、縦割りで申請内容ごとに細かく規定されています。期限以外での提出は“無効扱い”とされるみたいです…。
・最終の交付申請期限は6月末、これまでに実質終了となるので、制度利用を考えているのなら、6月中旬ごろには契約を済ませておく必要があるでしょう。(※変更:9月へ延長)

住宅ストック【Point05】二段階申請で長期にまたがる…

その五、二段階申請で長期にまたがる…
~補助金得るまで半年以上のケースも…~

・一次が「交付申請」で、二次が「完了報告」です。
・申請したくてもできない期間が発生します。
←←←制度規制、メーカー都合、事業者都合、施主都合…
・制度規制:申請内容に応じて縦割りで期限が設けられています。その期限に間に合わなければ、あぶれる可能性が出てきます…。
・メーカー都合:「性能証明書」の発行に、施工後にメーカーに発行手配をかける製品もある。この場合、書類が揃うまで待機せざるを得なくなります。

住宅ストック【Point06】1物件1申請のみ

その六、1物件1申請のみ
~複数回の利用、併用も原則ムリ~

・一つの住宅につき1回のみ申請できる、同じ住宅で複数の申請はNGです。
・原則、国費が充当される他の補助金との併用はNGとなります。

1物件1申請のみなので、制度利用を考える施主様は工事をまとめられるケースも多く、その分補助金が膨らむ事案が多いです。

住宅ストック【Point07】DIYはNG!賃貸住宅もNG!

その七、DIYはNG!賃貸住宅もNG!
~業者介在が必須、所有住まいが条件~

・ご自身で全てできる人も、この制度を利用するなら、業者を通す必要があります。
・賃貸物件住まいでの制度利用はできないです。

申請手続きは登録された施工業者が行うのが原則となるので、色々と縛りがあるわけです。

住宅ストック【参考】旧制度との比較

【省エネ住宅ポイント制度との相違点】
・所有者の居住条件が必須に
・新耐震基準の条件が必須に
・開口部のバリエーション増で玄関も

住宅の所有者であり、なおかつその住宅に住んでいることが必要となってきます。以前の制度であれば、居住条件に関して縛りはなかったです。

新耐震基準を満たす住宅でなければならない…。
以前の制度であれば、耐震基準に関する条件はなかったですので、対象製品を採用すれば制度利用対象となり得ました。

工事対象で一部変更があります。以前の制度では玄関の開口部は対象となりませんでしたが、今回より玄関製品も対象となりました。

ちなみにこれ以外にも「補助金5万円の壁」やら、住宅設備&バリアフリーのカウント方式の違いなどもあったりします…。
ですので、ベースを引き継ぎつつも、全く違う制度と考えていいと思います。

 ※追記:2017/06/07 ↓↓↓

当初の事業計画では、第二回目の交付申請(05/01~06/30)で新規受付は終了となっておりましたが、第三回目の交付申請(08/07~09/07)が発表されました。 よって、2か月ほど新規受付猶予が伸びることとなりました。

住宅ストック◆押さえておきたい7つのポイント
住宅ストック◆押さえておきたい7つのポイント
住宅ストック【Point01】耐震性を有する住宅か?
住宅ストック【Point01】耐震性を有する住宅か?
住宅ストック【Point02】工事内容は条件を満たしているか?
住宅ストック【Point02】工事内容は条件を満たしているか?
住宅ストック【Point03】依頼する業者は登録を済ませているか?
住宅ストック【Point03】依頼する業者は登録を済ませているか?
住宅ストック【Point04】予算有限、親戚期日あり、あぶれるケースも
住宅ストック【Point04】予算有限、親戚期日あり、あぶれるケースも
住宅ストック【Point05】二段階申請で長期にまたがる…
住宅ストック【Point05】二段階申請で長期にまたがる…
住宅ストック【Point06】1物件1申請のみ
住宅ストック【Point06】1物件1申請のみ
住宅ストック【Point07】DIYはNG!賃貸住宅もNG!
住宅ストック【Point07】DIYはNG!賃貸住宅もNG!
住宅ストック【参考】旧制度との比較
住宅ストック【参考】旧制度との比較
Web担当より(2017.06.01)

ページの先頭に戻る

MADOショップ 東金沢小坂店◆2014年4月19日OPEN

営業日のご案内

お問い合わせ情報:フリーダイアル0120-020-271(見積もり無料!ご相談はお気楽に連絡ください!)
お問い合わせ情報:メールでのお問い合わせ

最近の施工例のご紹介

営業範囲のご案内

石川県

金沢市 / 野々市町 / 内灘町 / 津幡町 / かほく市 / 松任 / 白山市 / 川北町 / 能美市 / 小松市 / 加賀市 / 羽咋市 / 宝達志水町 / 七尾市 / 能登町 / 中能登町 / 穴水町 / 輪島市 / 志賀町 / 珠洲市

富山県

小矢部市 / 南砺市 / 氷見市 / 射水市 / 高岡市 / 砺波市 / 魚津市 / 富山市 / 滑川市 / 上市町 / 黒部市 / 朝日町 / 入善町 / 船橋村 / 立山町